Author Archive

各地で新人議員向け勉強会を実施 講師としても参加

5月13日尼崎市、5月18日明石市、6月4日福岡 にて講師として、参加者としても参加しています。

4期目になった経験を少しでも新人議員に伝えられたらいいなと思っています。

img_2084

 


高砂市議会の議会報告会 地方創生の勉強会

2015年6月6日第六回議会勉強会

地方創生をテーマに内閣官房の事務局次長を呼んで勉強会をしました。

今回はたくさんの市民も参加いただき、意義あるものとなりました。

内閣官房

 

 

 

 

 

準備は議会全員で…日頃は論戦の相手も共同作業で盛り上がっています。

img_1849img_2619


Macのメールが遅い

いつもインターネット関係の調べものでお世話になっているお礼返しです。
どなたかに役立てばいいなと思います。

Macの標準メールソフトが遅くて白い画面で固まったりで大苦戦していました。

「Mac メール遅い」と検索するとトップに
mac: Mailの表示が遅いので。 « 女王様のご機嫌
http://nekomo.net/2013/05/mac-mailの表示が遅いので。/
が出て来て、
+++++++
「 MailRecents-v4.abcdmr を削除してみたところ…。
治っちゃいましたよ〜(笑)。」というので、
++++++
MailRecents-v4.abcdmr を探しましたが、見つからない!
ライブラリーの下にあるというのですが、わからない、ファインダーで検索しても出てこない。

今日、他の件で調べていると

++++++

https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/cpsid_91195.html

B. 移動メニュー

 

Option キーを押しながら移動メニューをクリックします。
ホームフォルダーの直下にライブラリフォルダーが表示されます。
++++++

これをやりますと、何と!出てきました。

そして、MailRecents-v4.abcdmr を削除したところ、直りました。

このライブラリへのアクセルは他にもメールのバックアップにも使います。

http://emapictures.tv/how-to-backuprestore-mac-mail-in-marvericks/

あーなんだ、そういうことだったのか…って感じでした。

 

 


2015年2月22日第五回議会報告会を実施

IMG_1091

 

 

 

 

 

報告のあと、ぐるりと椅子を並び替えて議員と市民が混じって質疑応答。

初の班分けは活発な議論を呼びました。ただし、参加者の少なさは今後の課題です。

私は初めての参加でしたが、議員全員が椅子並べからする「共同作業」は楽しかったです。

○写真はこちら

http://madang.sdbx.jp/gikai0222/


12月議会の論点 人事院勧告で市長・議員報酬も値上げ?

12月議会に市長や議員の期末手当(ボーナス)値上げ案が出ています。
市民が生活に苦しむ中、お手盛りの値上げは許されません。
議員の報酬水準を決める「特別職報酬審議会」にかけていないなど、手続きも疑問があります。
議会で質疑を行いましたが、基礎的な話を振り返って全国の議員にも知らせました。
++++
人事院勧告に伴う一般職と特別職(多くの自治体は議員も含む)が提案されています。
特に初めての方は「何のことやら」と思われるでしょうから、基礎的な資料を紹介します。
○人事院勧告とは
http://seesaawiki.jp/w/ioku3/d/%A4%B9%A4%B0%A4%CB%CC%F2%CE%A9%A4%C4%B4%F0%C1%C3%C3%CE%BC%B1%A1%A1%BF%CD%BB%F6%B1%A1%B4%AB%B9%F0%CA%D4
○特別職をめぐる議論
http://seesaawiki.jp/w/ioku3/d/%B4%FC%CB%F6%BC%EA%C5%F6%A4%CE%CC%F2%BF%A6%B2%C3%BB%BB
○国の資料
平成26年度人事院勧告
http://www.jinji.go.jp/kankoku/h26/h26_top.htm
国の説明
http://www.jinji.go.jp/kyuuyo/f_kyuuyo.htm
古い資料ですし、給料が下がっている時期なので今回の論点とは違う部分もあります。
まず最初に誤解されていますが「人事院勧告」とは「『国』の公務員の給与水準を民間と比較して決めたものを人事院が勧告する」というものです。
ではなぜそれが自治体の給与の水準につながるのでしょうか。
基本的に地方公務員法第24条3項に「職員の給与は…」という項目があり
「生計費」「国」「他の地方公共団体職員」「民間事業の従事者」「その他」を基準にして決めるとされています。
人事委員会という委員会が設置されていて、自治体で民間給与水準などを調べられるところ(主に都道府県)はそちらで上の基準をもとに
決定しますが、皆さんの自治体や高砂市のように人事委員会がないところはそういうわけにはいきません。
そこで「国」であり、「民間事業の従事者」と比較している「人事院勧告」が使用されるわけです。
で、ここまでは一般職員の話(教育長も一般職員ですが)、市長、副市長、企業管理者、議員は特別職であり、本来は上の考え方とは
別のはずです。しかし、なぜか「人事院勧告に従い」と説明されてアップやダウンをすることになります。
緑系の議員はそこに抵抗していろいろな議論をしています。
特に「特別職報酬審議会」をめぐる議論をしています。
ぜひご参考に。

原子力災害の際の避難民の受け入れ

http://www.kouiki-kansai.jp/kouikibousai/data_upload/1395982733.pdf

高砂市は宮津市の避難民を受け入れることとなります。
より詳しい資料もあったと思いますが、追って調べて公開します。


平成27年度(2015)当初予算に向けた予算要望

http://ioku3.sakura.ne.jp/pdf/2015youbou.pdf


9月議会終了、委員会と特別委員会

9月18日〜10月3日まで9月議会が開催されました。
議長・副議長人事、2015年子ども・子育て改革に向けての条例整備、マイナンバー制度に向けた予算などが争点でした。また平成25年度決算質疑も行いました。
私は条例や質疑、一般質問、決算質疑を行いました。
(詳細は市政ニュースなどでお知らせします。)

10月8日には常任委員会が開催されました。(私は文教厚生常任委員会という教育や福祉分野、病院を取り扱う委員会所属です)
また、9日には広域ゴミ施設についての特別委員会が開催され、傍聴で参加しました。


ご支援ありがとうございました

HPに結果を掲載しています。

http://ioku3.sakura.ne.jp


7日間、ありがとうございました。そして、井奥まさきに一票を

7日間のご支援に感謝します。

そして投票日には「井奥まさき」に一票お願いします。

各争点に対する私の考えは

「井奥まさき」で検索し、私のホームページまで。